痛みの少ない歯の治療

歯のイラスト

深田歯科医院は、
痛みや不安に配慮した治療を
心がけています

PROBLEM

こんなお悩みありませんか?

キーンという音が嫌い!治療内容がよく分からない。なるべく歯を削らないでほしい。歯医者の麻酔の注射が怖い。

多くの方が歯科医院に対してこのような
イメージを抱いてらっしゃいます。
患者さまに安心して
治療を受けて頂けるよう努めます。

ATTEMPT

痛みを抑えるために行っている取り組み

しっかりとしたカウンセリング

まずは、想いをお聞かせください。

現在の歯の状態をご説明し、治療方法のご提案をいたします。
当院では、患者様と治療のゴールを共有することを大切にしています。
治療内容の確認を行い”何をされるのか分からない”といった不安に配慮いたします。

痛みに配慮した治療

①表面麻酔を塗布

歯茎に薬を塗布することで、針が刺さる痛みを和らげます。

②カートリッジウォーマーの使用

麻酔薬を加温することで、麻酔薬が入る時の刺激を減らします。

③細い麻酔針の使用

麻酔針は33Gサイズの超極細針を使用(シャープペンの芯の半分の太さ)
※麻酔の方法によっては、31Gの針を使用することがあります。

④一定の速度でゆっくりと麻酔をします

下に向かう矢印

上記1~4の工夫をしていても
麻酔が聞きにくい場合があります。

麻酔が効きにくい時

  • あまりに痛みが強いとき
  • 炎症が強い場合
  • 下顎の奥歯
    (下の奥歯の周りは骨が硬く、他の部位より麻酔液が浸透しにくい)

麻酔が効きにくい時は、
下記のような対処を行いますのでご安心ください。

麻酔が効かなかった時の対処法

①麻酔の量を追加

麻酔の量を適切に追加し、効くまで時間を置きます。

②痛みが強い場合

  • むし歯が大きく神経がうずいている時など麻酔が効きにくい場合は、治療を中断することがあります。
  • 歯に神経の興奮を抑える薬でふたをし、痛み止めを処方します。
  • 歯茎の腫れがひどい場合は、抗菌薬を処方し後日炎症が軽減したときに治療を行います。

治療中に痛みを感じる場合は、すぐにお伝えください。
適切な対処を行います。